風の詩(うた)

ジェジュンとAB6IXのゆるい音楽レビューを書いています。読書レビューは過去記事です。

夢の話~「赤頭巾ちゃん気をつけて」庄司薫 レビュー

今日は何の予定もない休日でした。
庭に植えた花も順調に育っているし、梅公園にもう一度散歩に行くには風が強くてためらわれました。

外は風があるのにお日様は燦々とソファに降り注いでいます。こんな日はソファに寝転んで本を読み耽るにかぎります。


私の至極の時間です。 そうしていつの間にかうとうと。これも何もない休日の定番です。

そしてとてもおかしな夢を見ました。

私の夢の話。
コンタクトレンズで目を傷つけてしまった私は車の運転ができず、息子の最新式のマウンテンバイクを借りて山の上にある素敵な喫茶店に向かっています。
目の前に急な坂道があり、自転車で登れるのだろうかと思うのですが、なんとすんなり登れてしまい、無事 喫茶店に着きました。

お店の中はちょっと込み合っていましたが、空いている席もあるようでした。が、コンタクトをしていない私はよく見えません。
どこに座ろうかと迷っているとウエイトレスが来て、動物はお好きですかと聞きました。

「ええ、好きですよ。」「ミニチュアダックスを飼っています」と言い終えるか終えないうちに、「ではこちらに」と案内してくれました。

お店の奥の細い通路を進んでいくと砂場のように木の枠で囲った土置き場のような所があり、そこに黒いダックスがちょこんと座っているのが見えました。
「わ~!かわい~い」と思いましたが、その犬をよく見る間もなくウエイトレスが珈琲とケーキを運んできて、お店と通路の間のドアをバタンと閉めて行ってしまいました。

珈琲とケーキは土置き場の前にあった幼稚園児が使うようなちゃちなテーブルセットの上に置いていきました。
私は可愛いものは好きですが、子どもぽいものはあまり好きではないので幼稚園児が使うようなプラスチックのテーブルで珈琲は飲みたくないと思ったのですが、仕方なく座りました。なんだかたった一人ぼっちで取り残されたような気分に戸惑いを感じながら。

すると、わっと犬が駆け寄ってくるではありせんか。
それも一匹じゃなく後から後から何匹もやってくるのです。
しかも犬だと思ったのは猿でした! 
眼鏡猿の軍団がケーキめがけて私に飛びついてくるのです。

きゃぁ~~~。私は猿たちを振り切って店のカウンター前まで逃げ出しました。
そんな私を見てもカウンターの中の人たちは、何も言わず黙々と仕事をしています。

「なんで猿がいるんですか! 私だけ猿を見ながらお茶してというの!」
と怒り口調で叫びました。
「ここが素敵なお店だと知っていたのでやっとの思いで来たのにこの仕打ちはなんですか!!」最後は絶叫です。

私は以前にも一度このお店に来たことがありました。その時は地元の裕福な素敵なマダムと二人で車で来たのですが、ここの珈琲とケーキがとびきり美味しいということも知っていました。

そんな私の悲痛な叫びを聞いてもカウンターの人たちは何も言いません。みんなだんまりを決めているようでもあり、知らぬ存ぜぬといった態度が余計しゃくにさわりました。

そこで目が覚めたのです。

ね、不思議な夢でしょう? 

でもこの夢にはちょっとした伏線があるので書いておきます。

寝転んで読んでいた本が、庄司薫さんの「赤頭巾ちゃん気をつけて」なんです。

今頃なぜ こんな本を読んでいたかはいずれ書くとして、この本の最後の方に薫君が新宿の雑踏の中で、私と同じような気持ちになるのですね。

 

「ぼくの中に生まれて初めて、この見知らぬ人々に対する、そしてこのざわめきのこの都市この社会この文明この世界、このぼくをとりまくすべてに対する抑えきれぬ憎悪が静かにしかし確実に目覚めてくるのがわかった。

そしてその憎悪は生まれると同時にたちまち激しい怒りと敵意と復習を誓う怨念のようなものへと姿を変えていった。ぼくはこの復讐を必ずするだろう。
それがどういう形になるかは分からないけれど、しかしぼくは必ずやるだろう。何故なら、あんなにも素直に、あんなにも努力して何かを守り続けてきたぼくを、ののしり嘲りからかい追いつめそして足をひっぱり続けたのは、おまえたちなのだから。ぼくがこれからどうなろうと、何をしようと、どんなにダメになろうと、それはみんなおまえたちのせいなのだから。」

こんなふうに思いすっかりダメになりかけていた薫君は、そのすぐ後にカナリア色のコートにおそろいのリボンをした5歳くらいのとってもお洒落な女の子に会うのね。そして彼女にいろんな話をしてあげて、「赤ずきん」の絵本を選んであげて、上のような憎悪から1時間もしないうちに

ざわめく街角のまん中で、静かにひっそりと、でも誰よりもしあわせに喜びに溢れて いつまでも立ちつくしてた わけなんだけどね。 
もちろんもっと素敵な続きもあり、この本はやっぱり好きだなぁ。
やっぱりいいなと思ってます。


夢の話が「赤頭巾ちゃん気をつけて」の感想のようになってしまったね。
でも赤頭巾ちゃん~についてはもっと感想があるのでいつか書きたいと思ってます。

 

2007-05-20